中唐文学会報 第25号 2018

中唐文学会報25
■書名:中唐文学会報 第25号 2018
■編者:中唐文学会

■ISBN 
■体裁  B5 判 156 頁
■本体価格 2,000円

ISSN1346-8170 
2018年 10 月 1 日

《目次》

【論文】
 敬亭山の印象 ――謝朓から李白へ  石碩
 「浮」かんでいるもの 
   ―杜甫「登岳陽楼」における「乾坤日夜浮」の解釈をめぐって―  大橋賢一
 李賀「秦王飲酒」の空間と時間  尾崎勤
 唐詩における異読の考察
   ―元稹・杜牧・寒山を例に―  高橋未来・有木大輔・長谷川真史
【訳注】
 「賈島詩譯註」(5) 東山之會

【学界展望】
 最近十年の日本における初盛唐文学研究の状況について  石村貴博・紺野達也
 日本における六朝隋唐道教研究史 ――過去十年間を中心に  廣瀬直記


ページトップへ